ケーブルテレビに変更(2000年9月)

ケーブルテレビ(KCN-TV)がこの地域に展開してきたのが、平成1999年春である。
すぐにでもInternet接続サービスが始まると思って加入したが、一向に進展しなかった。
営業マン曰く。第三セクターだから、新しいことを始めるには 議会の承認がいるのでどうしても時間がかかる。とのことであった。
そして、ようやくInternetサービスが始まることになったので、早速、加入した。
費用は、Internetサービスの追加料として、加入料と工事費(モデムのレンタル料込み) が18000円、そして毎月3900円である。ただし、接続できるのはパソコン1台、という 契約になっている。
1台限りとは不便であるし、パソコンが故障したときには再申請が必要なのか? この部分が不明であったが、何とか打開策があるだろうと思って契約した。
変更前のシステムは、ISDNルーター(NetVehicle-I)+4ポートハブ(CentreComMR415T) で、LAN上のPCにはPrivateAddressを割り当てている。

9月12日:
約2時間ほどで配線工事が終わった。我が書斎にあるエアコンの穴を利用して 5mmほどの太い線を引き込み、ケーブルモデムを繋いでおしまい。
UserIDやMailAddressなどを申請書類を出しているがまだ回答なし。

9月17日:
マニュアルがあったので、とにかくパソコンをケーブルモデムに繋いで見ることにした。
IPアドレスを一つくれるのかと思っていたが、マニュアルによれば、TCPIPの設定では 「IPアドレスを自動的に取得」に設定せよ、となっている。
まず、ケーブルモデムとパソコンを直接繋いでみたら、案外と簡単にInternetにつながった。
そこで、これまで使っていたルーターをハブから外して、その代わりにケーブルモデムを 繋ぎ、ハブに接続した3台のパソコンのうち1台でテストしたら、これもOKである。
次に別のパソコンからInternetに接続を試みたが、この場合は応答なし。
どうもパソコンを切り替えて使うことができないようである。
しかし、これでは不便なので ちょっと工夫してみる。ケーブルモデムの後ろに小さなリセットボタンが見つかったので、 モデムをリセットしてみたら見事にOK。
とりあえずは少々不便だけれど、パソコンを切り替えてInternetに繋ぐことは可能らしい。 しかし、同時には使えそうにない。
まだ、いくつかテストしてみたいけれど、今日のところはこれまでとする。

9月27日:
CATVについてSiniorLeagueのMLに投稿したら、すでにCATV環境にある数人の方々から直ちに情報がとどいた。ルーターを使って複数台のPCでインターネットに接続しているとのことである。
ルーターの機種名や金額まで知ることができた。これらの情報をもとにして、ネット上で 情報収集をはじめた。

10月9日:
インターネット上で探すと、いろいろな情報が得られた。例えば、 このページが参考になった。
ある程度機種を選定して、熊本市内のPC専門店を探したが見つからなかった。

10月21日:
機種をLinksysのBEFSR41に決める。
東京へ出かけたら時々立ち寄る秋葉原の愛三電機にFaxで発注。
この機種は4ポートの10/100スウィッチングハブが付いている。ハブ無しの機種もあったが金額的には さほど差はないし、電源アダプターの数を増やさないためハブ付きを選んだ。
送料、税金込みで約3万円。

10月25日:
日曜日(22日)の夜にインターネットで銀行から振り込むと、今日(水曜日)に品物が到着。
早速、ケーブルモデムに接続したら、殆ど特別な設定の必要はなく、簡単に家庭内LANが復活し、 複数PCでインターネット接続が可能となった。
通信は今のところまずまず順調。夜11時を過ぎると多少、応答が遅くなるが、今のところ我慢できる程度である。